コレに注目!

「FIFAワールドカップ」
座談会
「サッカー熱で梅雨を吹き飛ばせ!」
(文責 月間OTANI編集部)


 4年に一度のワールドカップが今年の6月から開幕となります。
 今回、サッカーが大好きな社員の皆様にお集まりいただき、注目選手や優勝国の予想を合わせて、皆さんのワールドカップに対するワクワク感、期待感を語って頂きました。大盛り上がりだった座談会、皆さまにも、この興奮を感じて頂き、これから始まるワールドカップサッカーを楽しんで頂きたいと思います。



座談会開催日 平成30年5月25日(金)

座談会参加者

  A:機械保全課(男性)
  T:機械保全課(男性)
  K:圧延課(男性)

進行:月間OTANI編集部    
       
 
 編集部:  世界でも人気のスポーツといえば、サッカーが思い浮かびます。そんなサッカー界最大の4年に一度のイベント「FIFAワールドカップ」が6月に開催。
 サッカーファンの皆さまは、今回のワールドカップサッカー
ではどのチームが決勝までいくと予想されますか?
    K:  僕は、期待も含めて、“ベルギー!とドイツ”かな。いや、ポーランドもあるかも。
 その中でも、注目選手は、ロメル・ルカク選手(ベルギー)。
193pと大きいFW選手で、プレミアリーグでも大量得点を獲得しているすごい選手です。
    T:  僕は“スペイン VS フランス” この決勝戦を見てみたいなって思うんですよ。
    K:  優勝国“スペイン”も可能性はあるけど、言われている弱点がいくつかあるから、弱点を克服できれば…。でもこの対戦は、見てみたいね。
    T:  で、注目選手は、アンドレス・イニエスタ選手(スペイン)。
 ステップとボールさばきは魅了されるし、是非見てほしいと思います。
    A:  “イングランド VS アルゼンチン”
 何故イングランドかというと、前回のブラジル大会では、若い選手が多くて、たくさん残っているから。とても期待できると思うんですよね。
 注目選手は、FWのマーカス・ラッシュフォード選手(イングランド)。足もとの技術に優れ、ドリブルやトリッキーなフェイントも得意で、広範囲に動く万能タイプのアタッカー。
 あとは、ダニー・ウエルベック選手(イングランド)が特に注目。パワーとスピードを兼ね備え、前線の幅広いエリアで決定的な仕事をするストライカー。
 皆にもプレーを見てほしいです。

 アルゼンチンでは、リオネル・メッシ選手とパウロ・ディバラ選手の共存をどうするかって所も見所だと思う。
    K:  ポーランドもそうだよね。前回大会を経験している若手選手がたくさん残っている。
 編集部:  ポーランドは、日本と同じ予選グループですよね。日本とポーランドとの試合はどうなるでしょうかね。
    T:  編集部の方は、サッカーは詳しい?
 編集部:  好きですけど、詳しいまでは…。
    T:  じゃあ、素人目線として、どこが来ると思う?
 編集部:  “ドイツ VS イングランド!”
 編集部:  “ブラジル VS ドイツ”
    K:  リベンジマッチだね。
    A:  ドイツは、なんだかんだ来るからなぁ。

■ 日本代表は誰に??? ■

 編集部:  日本の代表選手についてお聞かせください。
    K:  日本で僕が注目していた選手、代表選考から外れてしまったから…。
 “中島翔哉”選手なんですけど、日本代表での出場機会は少ないけど初出場でゴールを決めたし、得意のドリブルと左45℃からのシュートはまさに芸術的。2014年シーズンには、東京Vからのレンタル移籍でカターレ富山でプレーしていた選手だから富山県民としても、ぼく個人としても期待していた選手なんですよね。 
 あと、“森岡亮太”選手。

    A:  僕も、個人的に好きな“伊藤達也”選手に出てほしかったなぁ。
 でも、まだだれが出るか分からないからね。
 編集部:  5月30日の試合の後に正式発表なんですよね。
    K:  あと、“酒井 宏樹”選手。ケガしてたからなぁ。でもディフェンスで見れば世界トップレベルだと思う。デンマーク戦では完全に抑えてたし。スピードもパワーもすごい。
    A:  身長もあるし、ジャンプ力もあるしね。

■ 決勝進出に期待! ■

 編集部:  日本代表選手にも、頑張って頂きたいですね。
 初戦19日のコロンビア戦は、どんな結果になると思われますか?前回、2014年にコロンビアと対戦した時は、1−4で負けているようですが…。
    T:  3−1でコロンビアが勝利。
    A:  3点はとられないと思うよ。
    K:  1−1でいって欲しい。ここで勝ち点とりたいね。
 監督が、どういった采配でいくかも期待しますね。攻めていくか、DF固めていくか。
    A:  ボランチが誰になるかによって変わってくるかもね。
    T:  3人ボランチも考えられるかも。
 編集部:  ボランチとは?
    A:  真ん中の下。DFの前にいる選手のことだよ。
 編集部:  楽しみですね。是非勝ってもらいたいです。
 グル−プHで決勝へ行くチームはどこだと予想されますか?
    T:  コロンビアとポーランド
    A:  日本とコロンビア
    K:  決勝に行けるチームって、連携が出来ているチームやと思うんですよ。そう考えると、ポーランドはずっと選手を変えてきてないから強いんじゃないかと思う。
    A:  僕は、日本が決勝へ行けることを期待してる。
 行けると思うんだけど。 コロンビア戦をしのいで、セネガル倒して、勢いで!!
 でも、コロンビアは固いように感じるね。
    K:  初戦の結果次第で、どう転ぶか。楽しみでもあり、ワクワクするね。
 編集部:  皆さんの熱い思いが伝わってきました。日本代表選手には是非とも頑張って勝利をものにしてもらいたいですね。
 本日はありがとうございました。

 「FIFAワールドカップ」は、世界中のスーパースターが集結する大会です。各選手の素晴らしいプレーも見逃せません。もちろん、母国日本を応戦する楽しみもあり、見所満載です。全試合、目を離せませんね。
 「FIFAワールドカップ」を思いっきり楽しみたいものです。

頑張れ  NIPPON!



<ページ先頭へ>
前ページ】  1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6  【次ページ
INDEXへ

※月刊「OTANI」へのご意見・ご感想は
メール
 ・ ご意見板
※メールの件名は変更せず

そのまま送信してください。

CLOSE