お問い合わせ
サイトマップ
文字の大きさ
小中大
大谷製鉄株式会社
富山県射水市奈呉の江8-4  TEL0766-84-6151  FAX0766-84-1999
 
 




 OT685の評定書、図面、設計指針をご希望の方は、こちらから昭和産業様のサイトにお進みください。






OTANIだからチョイスできる「3つのV」


独自の生産システムと高度な品質管理から生まれる「VCON」。
その最大の特長は、高性能・安定品質であること。
厳しい条件や規格にも適合し、多様な用途に活用いただける製品です。

工事の特性や用途の多様性に合わせた
3つの製品カテゴリーから
お選びいただけます。




鋼種・サイズを表示したSTANDARD VCON
 

 鉄筋の表裏両面に、「鋼種・サイズ」を表示することで、鉄筋加工や打設・組み付け作業の現場において、目視で「鋼種・サイズ」が確認でき、ユーザーに対する信頼性、現場工事における作業性、確実性が飛躍的に向上します。

<鋼種・サイズの表示方法>

 JISよりも多くの項目、厳しい化学成分管理と節の形状の追求により、高い溶接性と加工性を実現。さらに、JIS規格の検査項目以外にも、さまざまな調査を行っています。

 
 
 PDFファイル表示出来ない方はこちらのページをご参照になり、
Adobe Reader(無料)をインストールしてください。

VCONを越えたVCON     
 厳格な資材管理と、高い信頼性が要求される工事に対応できるように、「鋼種」と「サイズ」と共に4桁の識別番号(※)を表裏両面に表示したオリジナル製品。製品の結束をバラした後や切断した後、現場での施工後も1本単位でのトレーサビリティーを実現しました。その徹底した品質管理体制について、特許を取得しました。
※ SUPER VCONに表示した「識別番号」とは「溶鋼番号に対応する当社独自の番号」です。

 化学成分や機械的性質を、JIS規格の管理幅よりさらに絞り込んだ値で管理します。一層の品質の均一化が実現し、曲げ加工性や作業性が向上します。

 
 

3 お客様のニーズに応えるVCON
   
 VCONがその性能を発揮するのは、規格製品ばかりではありません。オリジナルの化学成分や顧客特定の加工条件、使用条件に見合ったもの、さらに製品の寸法など、お客様のオーダーを満たす細かな製造対応を行っています。ご希望の「長さ」「機械的性質」「化学成分」についてお問合せください。
 
 


このページの先頭へ


(株)ディビーエスのDBヘッド定着工法を導入





 近年、鉄筋工事における鉄筋の高強度化や大径化に伴い、仕口部での納まりが煩雑になることでコンクリートのまわりが悪くなり、建物の品質確保が難しくなっています。また、熟練工の不足による工期の長期化など施行管理上の問題も生じています。

【サイズ】
D16、D19、D22、D25、D29、D32、D35、D38、D41
【鋼種】
SD295A SD345 SD390 SD490


DBヘッド定着工法とは



DBヘッド定着工法と VCONだから出来る
3つのバリュー

OTANIでは、鉄筋の製造からDBヘッドの取り付け加工まで
社内の一貫したラインで行っています。
DBヘッド定着工法とVCONのコラボレーションにより、
定着金物に新たな価値が生まれます。


  • VCON、DBヘッド共に、発注と納期管理が一括で行えます。


  • 鉄筋1本1本の両面に「鋼種・サイズ」が50cm間隔で表示されているため、現場での作業において「鋼種・サイズ」が目視で確認でき、施工管理が容易になります。
  • オリジナル製品「SUPER VCON」では、製品1本ごとに表示した識別番号の管理により、結束をバラした後の製品品質も確認でき、1本単位で「鋼材検査証明書」との照合が可能になるなど、信頼性がさらに向上します。

  • OTANIではVCONの製造からDBヘッドの加工まで、妥協を排除した工程管理、検査体制をとっています。DBヘッドは母材から加工品まで一貫した品質管理体制によって製造されています。

■DBヘッド定着工法とは

 DBヘッド定着工法は、鉄筋の先端にダクタイル鋳鉄製のリングを取り付け、リング両側の鉄筋を加熱・加圧し、こぶを形成させて固定する工法です。リング部分の支圧作用が曲げアンカーの代替となり、施工部の配筋が簡略化されることで作業工程の短縮につながります。
 OTANIでは(株)ディビーエスのDBヘッド定着工法を導入し、施工管理上の問題を解消します。

従来の工法




DBヘッド製造工程
@


     
外側の鉄筋を加熱
A


     
加熱した鉄筋を加圧
B

     

内側の鉄筋を加熱
C

加熱した鉄筋を加圧


DBヘッド寸法及び各部の標準寸法
 
  
各部の名称
  











国土交通省 国住指第3640−1号 認定番号MSRB−0073








高強度せん断補強筋
OT685フープ


 
 評定書、図面、設計指針をご希望の方は、こちらから昭和産業様のサイトにお進みください


※OT685フープにつきましては、以下の昭和産業グループ各社までお問合せ願います。

【代表会社】 昭和産業(株)川島工場

  〒308−0857 茨城県築西市小川1910番地
  (担当)品質保証課 TEL 0296−28−1236
  http://www.showasangyo.co.jp/index.html


北興昭和(株)千歳工場
  〒066−0051 北海道千歳市泉沢1007−153
  (担当)製造課 TEL 0123−28−3171

宮城昭和産業(株)第二工場
  〒981−3604 宮城県黒川郡大衡村駒場字彦右衛門橋3−15
  (担当)製造部 TEL 022−345−5541

(株)小財昭和スチール三重工場
  〒518−0031 三重県伊賀市長田字北山出4836−5
  (担当)品質保証室 TEL 0595−22−2123

(株)小財スチール福岡第二工場
  〒830−1113 福岡県久留米市北野町中字下厨子田1400
  (担当)技術管理室 TEL 0942−78−3757




このページの先頭へ
Copyright(C) 2006-2012 OTANI STEEL COPRORATION Inc. All Rights Reserved.