バックナンバー
はこちらから

 '11 1月号〜前月号
 
 '06 3月号〜'10 12月号
 

 この季節は、木々が芽吹き色とりどりの花が咲きほこります。心も軽やかにいろいろな所へ出掛けたくなりますね。さて今月は、趣味の鯉釣り・ワールドカップ・富山春の風物詩「ホタルイカ」についてのエッセイと、カメラが趣味の社員に語って頂いた「コレに注目!」を合わせてお楽しみください。

【更新履歴】


【月刊OTANIをご覧の皆様へ】
 ご覧いただいているパソコンのブラウザの環境により、記事の文字が重なったり、表示が変更されて見づらい場合があります。大変に申し訳ありませんが、ブラウザの互換表示設定を行ってご覧ください。互換表示の設定についてはこちらのサイトをご参考に設定してください。よろしくお願いいたします。


エッセイ

趣味の鯉釣り
◆引きの強さが最大の魅力

製造部製鋼課
リバーフィッシャー(10代・男性)

 私は趣味で釣りを楽しんでいます。海釣りではなく鯉釣りです。鯉は、春になると産卵の為に浅瀬に移動して…>>


サッカーワールドカップ
◆4年に一度の祭典を心待ちに

製造部圧延課
リンガル(20代・男性)

 私の趣味はサッカーで、小中高とサッカー部に所属していました。現在も週1回程度はサッカーやフットサルをしています。そんな…>>

春の楽しみ
◆気長に待ってみよう

営業部製品発送課
ほたる光(10代・男性)

 この時期、「ホタルイカ漁」についての報道をよく目にするのではないでしょうか。全国ニュースで見かけると…>>






春、カメラと共に

◆結婚後、記録の仕方に変化

研究開発部鉄鋼技術課
カメラガール(女性)

 色鮮やかな花が咲き、透き通った新緑が芽吹き、太陽が水面を輝かせる季節になりました。日差しの暖かさに誘われてカメラを持って…>>



◆「季節を撮る」

写真サークル事務局




   
 編集部 かほり



ご意見はこちら!
メール ・ ご意見板
【ご注意】
メールの件名は変更せず「ご意見ご感想」のままで送信してください。

CLOSE